ポーカー:様々な種類を紹介

ポーカーはお好きですか?ご存知の方も多いかもしれませんが、ポーカーはトランプを使用し各々の手札(ハンド)の役の強さを競うカードゲームです。ポーカーは世界中で人気なゲームですが、様々な種類が存在します。このページでは様々なバリエーションのポーカーを紹介していきます。

クローズドポーカー

クローズドポーカーは最も古い形式のポーカーの一つで、各プレイヤーの手札はお互いに全て見えない隠された状況でゲームが進行します。最後に全プレイヤーが手札を公開し役の強さを比べて勝敗を決定します。わかりやすいゲームから一昔前までは主流のスタイルとして多くのプレイヤーに親しまれていました。

スタッドポーカー

スタッドポーカーは段階ごとにベットをする少し特殊なルールのポーカーです。プレイヤーは最初に特定の枚数のカードを裏向きで配られ、その後表向きでカードが配られていきます。表向きでカードが配れられるごとにプレイヤーはベットをし、カードの配布とベットが続きます。競っているプレイヤーの手札がある程度オープンなため、自分だけでなく相手の状況もしっかりと見極めてベットをしなければいけないため、冷静な状況判断能力が必要です。代表的なスタッドポーカーにはセブンカードスタッドやファイブカードスタッドがあります。

フロップポーカー

フロップポーカーはフロップと呼ばれるカードが場の真ん中に置かれ、全プレイヤー共通の手札としてゲームが進行します。フロップが強いカードであれば全プレイヤーの利益になるため、注意が必要です。代表的なフロップポーカーにはテキサスホールデムやオマハホールデムがあります。

中でもテキサスホールデムは現在世界中で最も主流なポーカーのスタイルです。テキサスホールデムの特徴は全プレイヤーが使用できるボードカードと、各々のカードである2枚のホールカードを合わせて役を作る点です。戦っている相手の手札は見えないものの、場に残っているカードから相手の手札を予想したり、相手の戦略を推察したりすることができる奥深さが魅力です。